よだれ掛け(スタイ)

今は「スタイ」という名称で売られているのが、よだれ掛けです。
よだれ掛け(スタイ)

赤ちゃんの個性にもよりますが、
ある時期赤ちゃんは本当によだれが多くなり、
よだれ掛けをしていないと下の洋服まで
ビショビショに濡れてしまうことはよくあります。

そのため、よだれ掛けは何枚あっても助かりますし、
洋服のようにオシャレ感覚で使うことも可能です。

よだれ掛け

よだれ掛けのサイズは、小さなものから大きなものまで揃っていますが、
大きいサイズは離乳食が始まった時の
食事用のエプロンとしての役割を兼ねていることが多いので、

出産祝いとしてよだれ掛けを贈る場合は
割と小さめサイズの方がよいのではないでしょうか。

また、よだれ掛けには後ろにひもが付いているタイプと、
マジックテープやスナップボタンになっているものがありますが、

出産祝いで贈る場合は、なるべくマジックテープかスナップボタンが付いたものを選ぶ方が
無難だと思われます。




なぜなら、親的には首の回りにひもがある状態を不安に感じる人もいますし、
赤ちゃんはよだれ掛けをしたまま寝てしまうこともあるので、
素早く取り外せるマジックテープやスナップボタンの方が何かと便利でもあります。

べビー服と同じ柄のよだれ掛けが、
セットになって売られていることがよくあります。

よだれが多い時期は外出時にもよだれ掛けをしたままとなるため、
よだれ掛けと外着が同じ柄なら、
違和感無くオシャレによだれ掛けを身につけさせることができます。

普段の外出程度なら、
洋服とよだれ掛けが違っていても気になりませんが、
少しオシャレをして赤ちゃんと出かけたい時などには役立つと思いますので、
出産祝いにもよいのではないでしょうか。










コメントは受け付けていません。