オーガニックコットンを出産祝いで!

「オーガニックコットン=心遣い」と連想させるほど、 産まれてきた赤ちゃんやママへの心遣いが、 形として表せる出産祝いなのではないでしょうか。 もちろん、イメージが先行していることは否定できませんが、 やはり何でも口に入れる習性がある赤ちゃんには、 少しでも安全な物を見につけさせたいと思うのは、 共通した親心だと思われます。 しかしオーガニックコットンは、 すべて

続きを読む

出産祝いの定義

出産祝いとは、文字通り赤ちゃんを出産した後にするお祝いです。 昔は、出産も命がけ、 産まれた赤ちゃんが大人になるまで 無事に生き抜くことも大変な時代でした。 その流れを汲み、 産まれてきた命を皆でお祝いをするというのが出産祝いです。 親しい間柄なら赤ちゃんがお腹にできた時から 祝福の気持ちが溢れてくるでしょうが、 出産祝いとは出産後の母親と 赤ちゃんが無事

続きを読む

出産祝いのマナー

出産祝いのマナーはいくつかありますが、まず出産祝いを贈るタイミングです。 出産後の母親はだいたい1週間前後産院に入院しています。 帝王切開の場合ならもう少し入院期間が延びます。 家族や親戚などの親しい間柄なら病院にお見舞いに行って、 その時に赤ちゃんの顔も見て出産祝いを渡すこともできます。 親しい間柄というのは、 出産後の母親が元気であるとか、 赤ちゃんが健やかに

続きを読む

出産祝いの予算(相場)は?

出産祝いの予算の相場はどれ位なのでしょうか。 相場よりあまり低過ぎても失礼になってしまいますし、 高過ぎても相手に気を遣わせてしまいます。 出産祝いの予算は基本的に 5,000円~10,000円位が相場と言われています。 もちろん間柄によって変わってくると思いますが、 これはお祝い金として現金で贈る場合の金額を前提としています。 この基本的予算は、もちろん

続きを読む

家族、兄弟姉妹、親戚への出産祝い

出産祝いを贈る相手が、家族や兄弟姉妹、親戚関係なら、 比較的相手が欲しいものを聞くことができますし、 自分が贈りたいものを気兼ねなく贈ることも可能です。 特に兄弟姉妹の間柄になれば、 産まれてきた赤ちゃんとは甥や姪という関係になりますので、 血の繋がりもあって出産祝いを贈る気持ちも強まりますし、 出産後に産院にかけつけて直接お祝いを渡すことができます。 ただ、

続きを読む

友人への出産祝い

友人に出産祝いを贈る時のキーワードはズバリ!「センス」ではないでしょうか。 見栄ではないのですが、 どうしても実用的になりがちな赤ちゃん商品で、 友人ならではのキラリとしたセンスを見せたいなと思ってしまいますし、 これからオムツ替えや授乳など超現実的な世界で頑張る友人に、 少しでもセンスのよい出産祝いでテンションを上げてもらいたい! という思いもあります。 最近で

続きを読む

夫の会社関係への出産祝い

直接的なつながりは無いけれど、 聞けば何か贈らない訳にはいかないのが、夫の会社関係の出産祝いです。 もちろん上司(孫も含めて)、同僚、取引先などの関係により、 何を贈るか変わってくると思います。 この場合の変わるというのは、ずばり予算のことで、 贈る出産祝いが相手先に失礼にならない程度、 もしくは負担にならない程度の予算を指します。 また、夫の会社関係

続きを読む

直接関係ない人への出産祝い

出産祝いを贈るのに困るのは、直接的な関係が無い人に贈らなければならない場合です。 母親がお世話になっている人だったり、 義父の友人の孫であったり、 夫の恩師の娘さんの出産祝いだったりして、 思わず「何で出産祝いを贈らなくちゃいけないの?」と ツッコミを入れたくなるようなことがあります。 直接関係の無い人の中でも、 自分と関わりの深い人の誰かの出産祝いなら、 何と

続きを読む

複数で贈る場合の出産祝い

会社の同僚、友人、ママ友、サークル仲間など、 複数で出産祝いを贈る場合は、どうしたらよいでしょうか。 複数の人が集まってひとつのもを買おうとなると、 それぞれの意見や予算をまとめたり、 実際に購入する時のスケジュール合わせなど、 なかなか大変な作業となります。 誰か1人が強力なリーダーシップを発揮して 仕切ってくれる人がいれば楽ですが、 その仕切る人との相性もありま

続きを読む

付き合いで贈る出産祝い

付き合い程度とは微妙な関係です。 日本らしい言葉ですが、 出産祝いとは、贈る相手との関係が深いほど、 贈るものに反映されてくるので、 お付き合い程度の出産祝いとなると難航しそうな気配が最初から漂います。 自分がお付き合い程度と思っている以上、 相手にとっても負担にならない程度の贈り物がよいのではないでしょうか。 この場合は、センスよりも“気楽”さがポイントとなり、

続きを読む

現金vs品物

景気が低迷するなか、出産祝いで1番喜ばれるのは リアルなレベルでは現金かも知れません。 ただ、出産祝いで現金を贈る間柄というのは、 結婚式などとは違い意外と限定されているように思います。 ほとんどが、家族や親戚、 それ以外は目上の人(上司や恩師、先輩など)、年上の人などになります。 同年代や目下の立場や年下から、 出産祝いに現金を贈るのは少しためらいが感じられ

続きを読む

困った時の商品券

出産祝いに現金を贈るのにはためらいを感じ、 品物は何を選んでよいかわからない・・・。 そんな時に1番便利で役に立つのが商品券です。 商品券は現金に限りなく近いものですが、 もらった人が赤ちゃんのものを買わなくても、 本当に欲しいものを買えるので出産祝いでも喜ばれると思います。 また、現金ではなかなか買えないものでも、 商品券という名前だけあって買えてしまうもの

続きを読む

無難な出産祝いって何?

出産祝いでいう無難なものとは、贈った相手に好印象を与え、 必需品に近く、他の人となるべく重ならないメジャーな贈り物ということになるでしょうか。 贈る物のセンスも無難を求めるなら、 なるべくシンプルなものがよいと思います。 出産祝いを選ぶ売場などには、 誰もが知っているメジャーなアニメなどのキャラクターがついたグッズが たくさん売られていますが、 子供がキャラク

続きを読む

ベビー用品セット

出産祝いを買おうとお店に行くと、目に入ってくるのが ベビー用品セットではないでしょうか。 大きな箱に豪華なセットで目立つところに売られているので、 出産祝いを贈る側としてはとても魅力的に映ります。 また、セットというだけあって、 色のトーンや柄、デザインなどに統一感が出るようにチョイスされているので、 センスもよく感じられるのが特徴です。

続きを読む

ベビー食器

生後半年にもなれば赤ちゃんも離乳食が始まり、食器を使用するようになります。 デパートなどでは、子供に本物をという主旨で陶器の食器セットなどが売られていますが、 これは特別なものであり、 基本的に出産祝いにべビー食器を贈る場合は、 赤ちゃんが掴んで落としても割れない素材を選ぶということになると思います。 一般にベビー食器として売られているものには、 お皿、お茶碗、お椀

続きを読む

ベビー服ジャストサイズvs大きめサイズ

ベビー服を出産祝いに贈る人はとても多いと思いますが、 1番頭を悩ますところはサイズではないでしょうか。 赤ちゃんの成長は驚くほど早いものですが、 出生体重などによってサイズアップの速度は変わってきてしまうので、 小さく産まれた赤ちゃんに大きめサイズの洋服を贈ってしまった場合、 長い間着られないこともあります。 出産祝いは基本的には1ヶ月以内に贈ることになると思います

続きを読む

ベビー雑貨

ベビー雑貨には可愛いものがいっぱいあります! ただでさえ、ベビーサイズで小さくて可愛いのに、 明るくキュートなデザインのものがたくさん売られていて、 ベビー用品を必要としていない人でも 思わず商品を手にとってしまうのではないでしょうか。 最近では、輸入雑貨を取り扱うショップなどには、 一般の商品と交じってベビー雑貨が売られていることもよくあり、 普段でもべ

続きを読む

ベビー用おもちゃ

ベビー用おもちゃは、 出産祝いの中でも気軽に贈れる人気アイテムです。 洋服などのようにサイズを気にする必要もなく、 性別も関係ありません。 ベビー用おもちゃと言えば、 昔からある振れば音が鳴る「ガラガラ」と呼ばれるものが 頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 最近では、大人が振って赤ちゃんをあやすものより、 赤ちゃん自身に握らせて、 その振動で音が鳴る

続きを読む

出産祝いに電報~珍しいプレゼント

出産祝いに電報とは意外かも知れませんが、 現代には現代に合った形で電報も進化しています。 まず、電報と言えばNTTのサービスと思われている人も多いと思いますが、 楽天なども参入し更に選択肢が広がりました。 出産祝いとして電報を贈るなら、 メロディーが流れるタイプのものか、 ぬいぐるみに電報を添えるタイプのものがおススメです。 メロディー電報なら、少し耳が聞こえ

続きを読む

出産したママへ出産祝いのプレゼント

私自身が戴いた出産祝いで1番心に残っている出産祝いは、 出産して母親になった私のために贈られた詰め合せギフトです。 中には、チョコレート、レトルト食品、入浴剤などが詰め合わせて入っていました。 贈り主は、夫の仕事関係で親しくしている人で、 奥様がオリジナルコスメや雑貨を扱うお店を経営している人でした。 ギフトの中のチョコレートは、 いま流行している欧州系の高級チ

続きを読む

赤ちゃんの手形、足形セット~珍しい出産祝い

子供が産まれたからには、 その成長の記録をできる限りキチンと残したいと思う親は多いはずです。 しかし、いざ子供が産まれると育児や日常に追われ、 写真やビデオで子供の成長を残すのが精一杯となってしまいます。 赤ちゃんの手形や足形も残しておけば、 きっと子供が大きくなった時に比べてみたりして、 よい思い出の品になると思うのですが、 なかなかそこまで手が届かないとうのが

続きを読む

ベビーリング~珍しい出産祝い

ベビーリングの起源はヨーロッパと言われていて、 「元気で幸せにすくすく育ちますように!」という願いを込めて贈られる指輪です。 通常は、赤ちゃんの誕生石を入れて贈られます。 また、赤ちゃんの誕生石の入った指輪をママに贈る 「ベビーリングセレモニー」と言うものもあります。 ベビーリングと言うだけあって指輪はベビー用サイズなのでとても小さく、 ペンダントトップ

続きを読む

出産祝いのメッセージカードの種類

出産祝いのメッセージカードは、 カード売場などでたくさん販売されています。 市販の出産祝い用のカードには、 「Congratulations!」、「New Baby」、「Happy Baby」などと印字されているものが多く、 イラストなども可愛い赤ちゃんの姿や、 ベビーカーなど、赤ちゃんに関連するものがほとんどです。 サイズも小さなプレゼントにも添えられるように

続きを読む

出産祝いのメッセージカード 何て書く?

出産祝いのメッセージカードを贈る相手がとても親しく、 出産後に母子ともに元気な状態であることがわかっているような状況なら、 奇をてらわずに思ったままの祝福の気持ちを文面にすることが、 1番相手にも伝わる素敵なメッセージカードになるのではないでしょうか。 「つわりがひどく心配しましたが、母子ともに元気で心の底から安心し、 祝福の気持ちが湧き出ているところです」などのように、

続きを読む

心をこめるには~出産祝いのメッセージカード

出産祝いのメッセージカードは、オリジナル度が高くなればなるほど、 その人の気持ちが伝わり心が込められていることになるのではないでしょうか。 絵手紙などが流行っていますが、絵を描くことが嫌ではないなら、 赤ちゃんを連想させるもの (哺乳瓶、ベビー靴下、よだれ掛けなど)をモチーフに絵筆を使って イラストを描きメッセージを添えれば、 とても味のある心のこもったオリジナルメッセ

続きを読む

ベビー肌着

正直に言って、ベビー肌着は何枚あっても困らないのでは と思うほど必要なものです。 特に産まれたばかりの赤ちゃんは体が細く紙オムツでもフィットしないため、 おしっこやウンチで肌着を汚すことも多い上に、 ミルクなどの吐き戻しも多い時期になるため、 1日に何度も着替えをさせることは珍しいことではありません。 特に寒い季節には洗濯物も乾きにくいため、 肌着が多いほど親

続きを読む

よだれ掛け(スタイ)

今は「スタイ」という名称で売られているのが、よだれ掛けです。 赤ちゃんの個性にもよりますが、 ある時期赤ちゃんは本当によだれが多くなり、 よだれ掛けをしていないと下の洋服まで ビショビショに濡れてしまうことはよくあります。 そのため、よだれ掛けは何枚あっても助かりますし、 洋服のようにオシャレ感覚で使うことも可能です。 よだれ掛けのサイズは、小さなもの

続きを読む

おくるみ(アフガン)

おくるみとは、別名「アフガン」とも呼ばれ、 赤ちゃんを抱っこする時などにくるんで使うものです。 寒い季節に限らず、 まだ体温調節が上手にできない赤ちゃんを 外気から守るものとして活躍してくれます。 ただ、おくるみは毛布やバスタオルなどでも代用できてしまうため、 親が赤ちゃんのために用意する育児用品の中では、 優先順位が低いものになる傾向があります。 そのため

続きを読む

くつ下(靴下)

赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎるようになると、 外出する機会も増えてきます。 歩くまでは靴を履くことが少ない赤ちゃんは、 余程の暑い時期ではない限り1年のほとんどで、 靴下を履かせて出かけることになります。 そのため、靴下はたくさんあっても困らることがなく 出産祝いでも喜ばれると思います。 また、親が靴下を買う場合は消耗品扱いで値段が重視されてしまいますが

続きを読む

紙オムツ(紙おむつ)・オムツケーキの出産祝い

出産祝いに紙オムツ?本当?という気がしますが、 布オムツで育てるぞ!という主義の持ち主でない限り、 1番実用的で助かる出産祝いかもしれません。 最近は「おむつケーキ」というゴージャスかつ 便利なアイテムが人気!!ですが、 出産祝いで実際に紙オムツを贈った人の中には 「おむつケーキ」ではなくて、 種類豊富な紙オムツから各メーカーのものを1

続きを読む
<