くつ下(靴下)~出産祝い

赤ちゃんが生後1ヶ月を過ぎるようになると、
外出する機会も増えてきます。
くつ下

歩くまでは

靴を履くことが少ない赤ちゃんは、

余程の暑い時期ではない限り
1年のほとんどで、

靴下を履かせて
出かけることになります。

 

そのため、

 

靴下はたくさんあっても困らることがなく
出産祝いでも喜ばれる

 

と思います。

くつ下

 

また、親が靴下を買う場合は

消耗品扱いで値段が重視されてしまいますが、

贈り物として

綺麗でしっかりとした靴下をいただくと、

ちょっとした外出の時などに使え
役に立つのではないでしょうか。

 

新生児用の靴下は「7~12㎝」、
「8~11㎝」などと
サイズに幅を持たせてあります。

 

新生児と一括りにしても、

出生体重や足の大きさにも
個性があるため、

 

伸縮素材で
幅広く対応できるようになっています。

 

このサイズは、
生後半年くらいまでを
目安としているため、

半年以降の「9~12㎝」位のサイズでも、

出産祝いとして贈る場合は
よいのではないでしょうか。

 

素材は吸水性に優れた
綿素材がほとんどですが、

現在は赤ちゃんが
靴下を履いた時に
靴を履いているように見える、

靴柄のべビー靴下が人気を集めています。

 


↑ こちらは男の子にも(*^^*)

また、足の甲の部分に動物の顔などが
描かれているタイプも人気です。


(↑ 女の子用)


(↑ 男の子用)

また、高級ブランドの靴下も
出産祝いとしては
喜ばれるのではないでしょうか。

 

ブランド品は、
親ではなかなか買えない物ですが、

ブランドものは
シンプルなデザインが多いため
活躍の場が広く、

丈夫に作られているので、

洗濯をしてもゴム伸びなどが
少ないのが特徴です。

 

外着とも合わせやすいので、

使用頻度も高い
出産祝いになると思います。










コメントは受け付けていません。