ベビー帽子~出産祝いで贈るなら大きめサイズが安心

まだ髪の毛が少ない赤ちゃんは、寒さ対策、紫外線対策などで帽子はよく使用します。

外着とお揃いで売られているようなニット帽のような形のものは、

本当に産まれて間がない時期にかぶるベビー用の帽子で、
つばなどがないので主に寒さ対策の役割を果たします。

ベビー帽子

外出用の紫外線対策としてかぶる帽子は、

つばがついていて大人と同じような形になるため、
首がすわる時期位からを対象としているベビー帽子となります。
活躍期間を考えれば、
つばのついたタイプの方が出産祝いとしては長く愛用してもらえると思います。
こちら↓、すごい人気商品のようです。

ベビー 帽子 uv

価格:3,672円
(2015/8/10 18:31時点)
感想(100件)


逆に寒い季節に出産祝いを贈るなら、
すぐに使えるニット帽タイプの方が喜ばれることもあります。

赤ちゃんは手先が器用になりだすと、
帽子を嫌がって自らとってしまうことも多いので、
できれば外出用の帽子にはゴムのひもがついている方が親切だと思います。

また、紫外線対策だからといって、
あまり大きくて丈夫なつばのついた帽子を選んでしまうと、
ベビーカーなどに乗せて赤ちゃんが背中をもたれた時に、
後ろのつばがが行き場を失って顔に落ちてきてしまいます。

つばは大き過ぎす、軟らかい素材でできているものを選ぶことが
べビー帽子ではポイントです。

べビー帽子を出産祝いで贈る場合の目安のサイズですが、
基本的には「40~46」位のサイズが生後6ヶ月以内の赤ちゃんの
べビーサイズの標準と言われています。

ニット帽タイプのものは、伸縮素材で伸びるため、
サイズ表記がもっと小さくなっているものもあります。
素材や作り方によって、
表示されているサイズより小さく感じたり大きく感じたりするものあり、

赤ちゃんによって頭回の個人差もありますので、
少し大きめのもの
買うと間違いがないと思います。










コメントは受け付けていません。